電力自由化
いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。


2016年4月より、電力自由化が始まりますね。

皆様は電力自由化について、どこまでご存知でしょうか?

そもそも、電力自由化とは何でしょうか?


電力自由化って?】

今まで地域の電力会社(一般送配電事業者)が発電から送電・配電までを

一手に担っていたため、電力会社を選ぶことはできませんでした。

それがこれからは別の発電事業者や小売の電気事業者も

公平に送配電網を利用できる様になります。

つまり、各家庭毎に電力会社を自由に選べるようになります。


電力会社を変えても本当に大丈夫?】

でも自由に選ぶことが出来る反面、

どこを選んで良いのか迷ってしまうと思います。

もちろん、きちんと承認された小売電気事業者を選ぶことは第一です。

ですがどこの小売電気事業者から電気を購入しても、

これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、

電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は今までと変わりません


もし契約した小売電気事業者が供給する電力が不足してしまっても、

一般送配電事業者(東海地方では中部電力)が不足分を補い、

需給バランスを維持してくれるため直ちに供給が止められることは

ありません。また、契約した小売事業者が倒産した場合も

2020年3月までの経過措置期間は一般送配電事業者の小売部門と

契約することで標準的な料金メニューで電気の供給を

受けることができます。


経過措置期間が終了しても、セーフティネットとして

最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が

一般送配電事業者に義務付けられています。

そのため他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、

一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることができます。


絶対に変えたほうが良い?】

事業者ごとに様々なプランを提示していますので、ご家庭の電気の

使用状況に合ったプランを探してみて下さい。

ただ、電気の使用量が少ない家庭では逆に電気料金が高くなってしまう

こともありますので注意が必要です!

小売事業者と契約をしなくても、何もしなければ

今まで通りの電力会社との契約は継続されますのでご安心下さいね。



登録されている小売電気事業者の確認など詳しい情報は、

経済産業省資源エネルギー庁のホームページにてご確認いただけますひらめき

こちらをクリック家

▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS