Windows XP サポート終了のお知らせ
マイクロソフト社の下記製品が2014年4月9日(日本時間)を持ちましてサポート終了となります。

Microsoft Windows XP

Microsoft Office 2003

Microsoft Internet Explorer 6



サポート終了によってどうなるの?

マイクロソフトのサポート終了後(2014年4月9日以降)に Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 に不具合が発生してもマイクロソフトは一切対応してくれなくなります。



例えば、Windows XP で外部から侵入できる不具合が発見されたとします、サポート中の現段階ではマイクロソフトにより不具合を修正するプログラムが作成され、Windows Update により配信、インストールされ不具合が修正されます。

これがサポート終了後はマイクロソフトによる修正プログラムが作成されなくなりますので外部から侵入される危険が常に伴う状態になってしまいます。

マイクロソフトによるサポートが終了するとハードウェア・ソフトウェアのメーカーも順次 Windows XP への対応を終了していきます。

新しいハードウェアを購入しても Windows XP 用のドライバが無いので Windows XP での使用ができない、新しいソフトウェアを購入、またはバージョンアップをしても Windows XP は動作保証されていないので動作しないことが発生する恐れがあります。

長年使用している Windows XP は特にご注意を

長年使用している Windows XP にて業務用ソフトを使用している場合、新しいバージョンのソフトにデータの移行ができないケースがあります。

Windows98 や Windows Me のサポート終了時にも同様のケースが発生しましたが、長年使用している業務用ソフトが最新のバージョンまで何度かバージョンアップを繰り返している場合、途中で大幅にソフトウェアの構成が変化しデータの管理方法も大幅に変更があったため、そのままデータの移行ができずに初期設定のやり直し、顧客情報・商品データの再入力、印刷フォーマットの再構築などが必要になったことがあります。

ではどうすればいいの?

業務が停止してしまう危険を考えれば、現状のシステムが動作している間に Windows XP から Windows 7 や 8 への移行が可能かを調査・検証し万全の体制を整えて移行していくのが望ましいと考えられます。

壊れていないパソコンを入れ替えるのは無駄に思われるかもしれませんが、現在使用中のパソコンが急に故障して業務ができなくなってしまう状態が発生してしまうことと比べてみて下さい。

また故障により突発的にパソコンの購入、ソフトウェアのバージョンアップ、設置・設定などの費用がかかってしまう可能性があります。

業務が停止してしまわないように、予定外の出費が発生してしまわないように、Windows XP サポート終了という今回の機会にぜひ社内でご使用中のパソコンの入替えを順次ご検討下さいますようお願いいたします。






▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< March 2014 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS