電力自由化
いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。


2016年4月より、電力自由化が始まりますね。

皆様は電力自由化について、どこまでご存知でしょうか?

そもそも、電力自由化とは何でしょうか?


電力自由化って?】

今まで地域の電力会社(一般送配電事業者)が発電から送電・配電までを

一手に担っていたため、電力会社を選ぶことはできませんでした。

それがこれからは別の発電事業者や小売の電気事業者も

公平に送配電網を利用できる様になります。

つまり、各家庭毎に電力会社を自由に選べるようになります。


電力会社を変えても本当に大丈夫?】

でも自由に選ぶことが出来る反面、

どこを選んで良いのか迷ってしまうと思います。

もちろん、きちんと承認された小売電気事業者を選ぶことは第一です。

ですがどこの小売電気事業者から電気を購入しても、

これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、

電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は今までと変わりません


もし契約した小売電気事業者が供給する電力が不足してしまっても、

一般送配電事業者(東海地方では中部電力)が不足分を補い、

需給バランスを維持してくれるため直ちに供給が止められることは

ありません。また、契約した小売事業者が倒産した場合も

2020年3月までの経過措置期間は一般送配電事業者の小売部門と

契約することで標準的な料金メニューで電気の供給を

受けることができます。


経過措置期間が終了しても、セーフティネットとして

最終的な電気の供給を実施すること(最終保障供給)が

一般送配電事業者に義務付けられています。

そのため他の小売電気事業者に切り替えるまでの間、

一般送配電事業者と契約することで最終保障供給を受けることができます。


絶対に変えたほうが良い?】

事業者ごとに様々なプランを提示していますので、ご家庭の電気の

使用状況に合ったプランを探してみて下さい。

ただ、電気の使用量が少ない家庭では逆に電気料金が高くなってしまう

こともありますので注意が必要です!

小売事業者と契約をしなくても、何もしなければ

今まで通りの電力会社との契約は継続されますのでご安心下さいね。



登録されている小売電気事業者の確認など詳しい情報は、

経済産業省資源エネルギー庁のホームページにてご確認いただけますひらめき

こちらをクリック家
Windows 10 アップデートについて
いつもご愛顧いただき、ありがとうございます。


今回はWindouws10のアップデートについて、
お客様からのお問い合わせが最近増えている内容について
お伝えしたいと思います。


Windows10が無料でアップデートできる様になりましたが、
実際にアップデートされたお客様からの不具合に関するご相談を
複数件頂いています。

不具合の症状として、
・動かない
・ソフトが起動しない
・重い
・画面が真っ暗  等々

原因は様々ですが、主な原因としてすでにPC内にインストールしている
別のソフトウエアがWindows10のバージョンに対応していない為と
思われます。
もしすでにアップデートをした後で上記の不具合が出た場合は、
そのままの状態で弊社までご相談下さい。
アップデート後1ヶ月以内でしたら、元のバージョンに戻すこともできます。

まだアップデートをされていない、これから検討中の方も、
アップデート前に一度ご相談下さい。



今月の定休日は
6日(日)、7日(月)、14日(月)、20日(日)、21日(月)、28日(月)です。

Windows XP サポート終了のお知らせ
マイクロソフト社の下記製品が2014年4月9日(日本時間)を持ちましてサポート終了となります。

Microsoft Windows XP

Microsoft Office 2003

Microsoft Internet Explorer 6



サポート終了によってどうなるの?

マイクロソフトのサポート終了後(2014年4月9日以降)に Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 に不具合が発生してもマイクロソフトは一切対応してくれなくなります。



例えば、Windows XP で外部から侵入できる不具合が発見されたとします、サポート中の現段階ではマイクロソフトにより不具合を修正するプログラムが作成され、Windows Update により配信、インストールされ不具合が修正されます。

これがサポート終了後はマイクロソフトによる修正プログラムが作成されなくなりますので外部から侵入される危険が常に伴う状態になってしまいます。

マイクロソフトによるサポートが終了するとハードウェア・ソフトウェアのメーカーも順次 Windows XP への対応を終了していきます。

新しいハードウェアを購入しても Windows XP 用のドライバが無いので Windows XP での使用ができない、新しいソフトウェアを購入、またはバージョンアップをしても Windows XP は動作保証されていないので動作しないことが発生する恐れがあります。

長年使用している Windows XP は特にご注意を

長年使用している Windows XP にて業務用ソフトを使用している場合、新しいバージョンのソフトにデータの移行ができないケースがあります。

Windows98 や Windows Me のサポート終了時にも同様のケースが発生しましたが、長年使用している業務用ソフトが最新のバージョンまで何度かバージョンアップを繰り返している場合、途中で大幅にソフトウェアの構成が変化しデータの管理方法も大幅に変更があったため、そのままデータの移行ができずに初期設定のやり直し、顧客情報・商品データの再入力、印刷フォーマットの再構築などが必要になったことがあります。

ではどうすればいいの?

業務が停止してしまう危険を考えれば、現状のシステムが動作している間に Windows XP から Windows 7 や 8 への移行が可能かを調査・検証し万全の体制を整えて移行していくのが望ましいと考えられます。

壊れていないパソコンを入れ替えるのは無駄に思われるかもしれませんが、現在使用中のパソコンが急に故障して業務ができなくなってしまう状態が発生してしまうことと比べてみて下さい。

また故障により突発的にパソコンの購入、ソフトウェアのバージョンアップ、設置・設定などの費用がかかってしまう可能性があります。

業務が停止してしまわないように、予定外の出費が発生してしまわないように、Windows XP サポート終了という今回の機会にぜひ社内でご使用中のパソコンの入替えを順次ご検討下さいますようお願いいたします。






▲PAGE TOP

最近のエントリー
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS